*胃腸炎…*

この週末、胃腸炎にかかって寝込みました。
娘ではなく、私が。

土曜日は朝から何となく体がだるいな~という感じだったのですが、いつもの寝不足だろうと思ってふつうに活動していました。
昼ご飯を食べたあたりから何となく気持ち悪い気がして、夕飯時はもういらな~い!と思ったのですが、夫がいるので近くのうどん屋さんで軽く済まそうと、きつねうどんを食べました。
あっさりしているはずなのにかなり胃がもたれ、気持ち悪さ上昇。
お風呂でめまいにさいなまれたのですが、娘と一緒に入っていたので何とか耐えて寝かしつけ。
その後、急激に悪寒が…。

吐き気と腹痛でその日の夜はあまり眠れず。
翌朝、熱を測ってみるとなんと38.8度!!
こんな熱、めったに出したことないのでかなり驚きました。
吐き気と腹痛は続いていたものの、実際に吐き下しするわけでもなく、ただひたすら関節痛に耐えながら横になっていました。

でもこの熱の高さ、インフルエンザだったらどうしようと不安になり午後から夜急診へ。
内科にかかってインフルエンザの検査をした結果陰性。
胃腸炎と診断されました。

午前中はもしインフルエンザだったら、という懸念があったのでなるべく娘とは接しないようにしていたのですが、陰性のお墨付きをもらってからは晴れて解禁。
娘も我慢していたのか、私の顔を見た瞬間決壊。
泣きながら抱き付いてきました。

薬もよく効いて、今朝は多少の頭痛が残るくらいに回復しました。

やっぱりお母さんは何より元気が一番ですね。

昨日から主食はポカリという生活だったので何となくふらつきますが、本当に健康のありがたさを痛感した週末でした。

夫も慣れない娘の世話を頑張ってくれたし。

しばらくお散歩は我慢だけど、今日は家の中でいっぱい遊んでやろうと思います。

IMG_2785.jpg
夜急診に行く途中。
抱っこはもうちょっと我慢ね、と言うと切なそうな顔で見てくる娘。
いじらしい姿に涙が出ちゃう~。



にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

*誕生日の京都デート*

暖かい日が続いて半袖で過ごすのが気持ちいい気候です。
25度近くになるとは言っても夏のジットリした暑さじゃないから過ごしやすいです。
ずっとこんな気候が続けばいいのに~、と思いますが今年も猛暑がやってくるのかと思うとちょっと憂鬱。

それでも昨日は絶好のデート日和でした。
私の誕生日と夫のお休みが偶然重なり、無理を言って京都までお出かけ。

桜の時期も終わったし、GWまでは京都も穴場かな~なんて淡い期待を抱きつつ電車で到着すると修学旅行生や外国人旅行客で溢れるバスターミナル・・・。

ですが、私達が目指したのは観光の中心からはちょっと外れた岡崎神社。
平安神宮から歩いて15分くらいの場所にありますが、同じ市内?と思ってしまうくらい静かな場所です。
目的は以前購入した子授けのお守りを納めに行くこと。
ちゃんとお礼参りしなきゃと思いながら随分遅くなってしまいました。
お守りを無事に納めて新たに安産のお守りを購入。
これで何となくひと安心です。

その後向かったのは平安神宮近くにあるおばんざい屋さん。
結婚する前、夫と遠距離だった頃私が京都に遊びに来て立ち寄った思い出のお店です。
その時は偶然立ち寄ったのですが、とってもいい雰囲気のお店でもう一度行きたいな~って思っていたんです。
そのお店はだる満
オススメはなんと言ってもおばんざいバイキング。
手作りの美味しいおばんざいが何種類もあって、本当に幸せな気持ちになれます。
お野菜中心だからもたれないのもいい~~。
岡崎方面に行くなら絶対オススメのお店です(バイキングはすぐに満席になるからお昼前に行くのがオススメです)。

その後、ゴッホ展を見に行こうと思ったのですがさすが有名な美術展。長蛇の列でひるんで断念してしまいました。

特に予定を決めていたわけじゃないので、とりあえず河原町方面まで歩こうか、ということで河原町三条へ。となると心魅かれるのはANGERS!
普段はネットショッピングで実物を見る機会はあまりない北欧食器を存分に堪能しました。
歩いてちょっと小腹も空いてきたところで向かったのはキルフェボン。
行列覚悟でもしかしたらテイクアウトかな~と思っていたのですが行ってみるとまさかの待ち時間なし!
平日でちょっと早めの時間だったのがよかったみたいです。

お誕生日だしいいよね~と糖分たっぷりのタルトを完食し、大満足でした。

その後四条まで歩いてINOBUNに寄り雑貨を堪能。
キッチン雑貨も可愛かったのですが、やっぱり最近の注目は可愛いベビー用品。
夫と2人で可愛い我が子を想像しながら色々と物色しました。
小さい洋服やグッズは見ているだけで心が和みます。

そして最後。
お誕生日のプレゼントで私がリクエストしたのが「お箸」!
かなり渋いチョイスですが、今使っている市原平兵衛商店の盛り付け箸がとっても使いやすいくてちゃんとしたお食事のお箸が欲しかったんです。
普段気軽に買えるものではないので誕生日を理由に夫におねだり。
で、買ってもらいました。
PicMonkey Collage

魅力はなんと言ってもこの華奢な作り。
一本一本が手作りでお店のおじさんが私の手にピッタリな一膳を選んでくれました。
箸先が本当に細くなっているので食べ物を掴みやすいんです。
このお店の箸を使ったら他のものは使えなくなるくらいの一品です。
赤く塗られた漆が本当に女性らしくて見ているだけでうっとり。
ちょっとお手入れは面倒ですが、それ以上に素敵なものなのでひと手間くらい惜しまず頑張ります。
食事の時間が楽しみ!


お箸を買ってもらって満足した後は、帰宅ラッシュに遭遇する前に帰路に着きました。
1日お出かけするってことは珍しいので久しぶりのデート。
きっとこれが出産前最後の遠出になるだろうな~と思うので目いっぱい満喫してきました。


私も気づけば37歳。
夫と出会ったときはピチピチの21歳だったのに、いつの間にか随分と時間が経ってしまいました。
これからも思い出を一つひとつ重ねながら一緒に過ごしていけたらな、と思います。



にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

*White Day*

今日はホワイトデーだったんですね。
すっかり忘れてました。

私の中でバレンタインやホワイトでーってあんまりテンション上がらない行事なんです。
これは昔から。
理由は分からないけど、何となくスルーしちゃいがちな日。
バレンタインに一応夫にはチョコレート渡したけど、お返しなんてこれっぽちも期待してませんでした。
しかも1ヶ月も経ってるし。
というわけでいつものように朝起きてお弁当作ってダイニングに戻ってみたら私が座る場所に小さな箱が。

PicMonkey Collage
何と夫からのプレゼントでした。
しかもゴディバ!
私が夫に買おうと思って売り場に行ったら高すぎて手を出せなかった代物です。
その日の夜に「ゴディバって高いんだよ~」って興奮気味に話していたのを覚えていたみたい。

朝食の後にありがたく一粒頂きました。
いつも食べてる袋入りのアルファベットチョコとは全然違う滑らかさ!
やっぱりブランドだけありますね。

こうやって、イベントにはちゃんとサプライズを用意してくれる夫。
プレゼントよりも、そうやって考えてくれる気持ちが嬉しいです。

今日は夕飯大盛りにしてあげようっと。





にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

*あっという間の大晦日*

気づけば大晦日。

年末らしい事を何ひとつしていないのに、今年も終わっちゃいそうです。
今日はずっと後回しにしていた大掃除をちゃちゃっとやっちゃいます。
夫婦揃ってお掃除苦手なので、ほんとやっつけ仕事になりそうですけど、気持ちだけでもスッキリさせるために。
ほんとは昨日やろうと思っていたんですけどね。私がずっと腹痛で横になっていたことや、一日中本降りの雨だったということもあってめげちゃいました。

その腹痛で夕飯作りもサボり、夜にはちょっと回復したかな~ということで夫と2人でWii三昧。
私、かなりの負けず嫌いなので勝つまでしつこくやっちゃいます^^
最後は引き分けでお互い納得して寝床につきました。

さて、明日から新年ですが、もちろん新年らしいことも何も計画していません。
徒歩2分のところにある義実家には夫だけが呼ばれているし、私はいつもどおりのお留守番。
夫は親戚回りなんかもあるけど私は蚊帳の外なのでかなり時間を持て余す年初めになりそうです。といっても毎年のことなのでなれちゃいましたけどね~。

ある意味かなり気楽な長男の嫁です。

そんな私の気分を紛らわすために夫が買ってくれたのがこの2冊の本。
PC312654.jpg
「暮らし上手」シリーズ、大好きです。
パラパラめくるだけでお料理上手になれた気分になっちゃう2冊。
使われている食器や調理用具なんかも素敵で何度見ても飽きません。
作り置きなんて滅多にしないけど、お弁当つくりに役立ちそうだな~とか色々想像しては楽しんでいます。

この2冊とテレビでお正月の1人時間を乗り切りたいと思います♪

さて、今年1年ですが何もなかったようで色々あった1年でした。
来年もきっと色んなことが起こって色んな事を思う1年になるだろうけど、1日1日を楽しく迎えられたらなって思います。

来年の目標。

「趣味を見つける!」

今さらな感じですが予想外に専業主婦になってしまい、愕然としたのが自分の無趣味っぷり。
今まで仕事が楽しくて休日も研修があって勉強したり、夫も同業なので色々情報交換したりしてあえて趣味を持つことの重要性って感じたことがなかったのですが、その仕事から離れた今、何にもない自分に気づいてしまって危機感を持っています。
自分を豊かにするためにも、何か1つでも大好きなものを持つことが来年の目標。
いろんなことにチャレンジして見つけていきたいと思います。


そして、このブログを通して出来たたくさんの素敵な方との出会いに感謝して今年を締めくくりたいと思います。

皆さん、よいお年を!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

*母への想い*

今日は私の母への想いを綴ってみようと思います。

少し重く、少しとりとめのない文章になってしまうと思いますが書き留めておきたいことがあるのです。


私と母との関係。
それはちょっと複雑です。

性格で言うと正反対。
母は感情的で言葉よりも感情をぶつけてくる人。
小さい頃からどうして母が怒っているのか、どうして怒られるのか分からないことがよくありました。
私はそんな母を見ながら、今何が起こっているんだろうと状況を捉えることで精一杯。もちろんきちんとした理由があって叱られることも多かったけど、やっぱり私にとっての母は気分屋さんでした。

母もそれは自覚していて、気分で怒っちゃうことも多いけどごめんねなんて言ってました。

そのおかげか、生まれつきの性格なのか私は理屈っぽくなって母を言葉で追い詰めてしまうことも多かったと思います。
言葉で理解しようとする私と感情でぶつかってくる母。
それはどう考えても平行線でいつの頃からか私は母とぶつかる事を避けるようになりました。

大学生になって家を離れてからは、母は私を頼るようになりました。
何かあると電話してきてすがりつくんです。
「あなたさえ帰って来てくれたら上手くいく」
そんな依存的な母を私はますます避けるようになり、大学卒業後はさらに実家から遠いところに住むようになりました。

それからつかず離れずの関係が10年以上続きました。

少し関係が変わったのが私が結婚してから。

私自身が精神的に落ち着いたと言うこともありますが、自分が「嫁」という立場にたって母の苦しさが少し分かるようになったのかもしれません。

今では週に何度か電話で話すくらい近い存在になりました。
私にとって母は頼れる存在というよりも、支えてあげなければいけない存在。
そう思えるようになって随分と楽になりました。

これまでは、母に頼りたいのに頼らせてもらえない。そのことに怒りを感じていたんだと思います。
それが屈折した感情をうんでいたんだなって思いました。

もちろん根底には愛情いっぱいに大事に育ててもらったという気持ちがあって、それも余計に複雑になっていました。



そんな母がこの夏、重い病気になりました。

今のところ本人も元気にしているけれど、もしかしたら一緒にいられる時間は残りわずかかもしれません。
それを知って私は、悲しいとか寂しいとかそういう明確な気持ちではなく、空虚な気持ちになってしまっています。

ショックを受けてストレートに感情を表す父と弟。
それを横目に私は冷静、ではないけれどソワソワした気持ちを上手く表すことが出来ません。

もしかしたら来年の今頃には母はいないかもしれない。
そう思うと私は母とちゃんと親子になりたいと思うんです。

そんな関係の私たちなので、一緒に買い物に行ったり旅行に出かけたりなんてことは一度もありませんでした。今になって、そういう普通の事をしてみたいと思います。
ちゃんと母に頼って甘えてみたいと思います。


そして、もう1つ。
母に孫を見せたい。

命がちゃんとつながっていると安心させたい。

遠くない未来に母と別れる「その日」が来るのなら、私はそのために何が出来るのか、何をしたいのか、ずっと考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。