*卒院と母子手帳ケース*

毎日不安でたまらなかった出血も何とかおさまり、安静に過ごしながらも気持ち的には随分楽になりました。
それでもやっぱり少し動くとお腹が痛いので、ちょっと動いては横になるという生活です。

仕事も全部辞めてあっさりと無職。
月に何度か仕事は入っていますが、それでも仕事を辞めてしまったことでぽっかり穴があいたような気分になってしまいました。皆「ちょっと休むくらい大丈夫。子育てして経験つんで帰ってきな」と、優しく心強い言葉を掛けて下さってとってもうれしいのですが、それでもやっぱり自分の一部がなくなってしまったような不思議な感覚です。
いつの間にか仕事が私の一部になっていたということにもややびっくり。

それでも全部自分で決めたことなので、今できることを1つずつやって充実した毎日を過ごしたいと思っています。

そして、1年半通った不妊治療専門クリニックを火曜日に卒院しました。
来週からは地元でも周産期医療に力を入れている総合病院に転院する予定です。

長かったような短かったような。
産科に転院できるのは夢ではあったけれど,やっぱり長く通ったクリニックを卒業するのは寂しかったです。
最近はクリニックが混んできて先生もスタッフも皆とっても忙しそうなので、最後とはいえちゃんと挨拶できなかったのが残念ですが、それでも看護師さんに「元気な赤ちゃん産んでくださいね」と言われて涙が出そうなほど嬉しく感じました。

そしてクリニック卒業の記念で頂いたもの。
PB292609.jpg
ちっちゃいテディベアーと金のスプーン。
こういうさりげない心遣いがとっても優しいクリニックでした。
これは私の宝物。ずっと大切にします。

それから、産科デビューに当たって母子手帳ケースも購入しました。
PB292610.jpg
ソレイアードのものです。
ピンクと迷いましたが、男女どちらが生まれても違和感なく使えそうなグレーにしました。

これ、レビューでも書いてありますがグレーというよりベージュです。
とっても優しい色でお気に入り。手触りもいいので長く使えそうです。
PB292611.jpg
中も収納力バッチリでこれから診察券が増えても大丈夫そう。ペンも2本差せるのが便利かな。
1つだけ欲を言うと、マグネットで留めるんじゃなくて、周囲がぐるりとファスナー使いになっていたら中のものを落とす心配がなかったかなというくらい。それでも今のところ問題なく快適に使っています。

PB292612.jpg
役所でもらった母子手帳もちゃんと入れて鞄の中に常備。
自治体によってはキャラクターを使った可愛い母子手帳もあるみたいですが、私が住んでいる市では見本で使われているのと同じ一般的な表紙でした。
助成券もついてて結構厚みあります。

相変わらずつわりもなく、下腹部痛が少しあるだけで身体的な変化もまだないので自分が妊婦だということもなかなか実感できない状況ですが、こうやって必要なものを揃えていくことで少しずつ自覚を持っていけるかなという感じ。

早く次の健診で元気に動いているわが子を見て安心したい気持ちでいっぱいです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

*体調*

(マタニティ記事です)







安静生活も3週間経過しました。昼も夜もなく寝ていて、体力低下を実感中。真っ直ぐ立つのも、座ることすらもつらくてすぐに横になってしまいます。こんなんで大丈夫なの~?と心配になっちゃいます。安静にしてても出血があったりして落ち込んだり…。

あれほど気になっていた仕事のことも、もはやどうでもよくなりつつあって、掛けもっているうちのひとつは今月で退職することにしました。
引き継ぎの書類を作らなきゃいけないけど、なかなかPCにも向かえず放置中。

食生活も湯煎のものばかりでそろそろあったかい鍋食べたい~!夫もだんだんと疲れてきているのでせめて普通の家事ができるくらいに回復したいです。

でもそのためには安静にしなきゃ、ということでゴロゴロしてます。

心配していたつわりですが今のところそれほど酷くないのが救い。何となく気持ち悪いのが続いてますが飴をなめてれば大丈夫。
食べ物のブームはあって、今は塩味のきいたポテトとポン酢!昨日は豆腐2丁をポン酢だけで平らげました。
他の物は入らないけど、「これ!」と思ったものは食べられます。

明日は待ちに待った診察日。
エコーするまでドキドキだけど、悪いことはなるべく考えないように過ごしたいと思います。

*仕事②*

一旦辞めると決めた仕事。

一昨日各方面に電話連絡を入れました。
すると思いがけない反応。

「もう少し様子を見てもいいんじゃない?」と。

私としては一大決心でこれで辞めるんだ!と思っていたのに、予想外の猶予期間をもらってしまいました。

今月いっぱいは休んで体調を見てみようと思います。

何か拍子抜け~。

自分のことで精一杯で、辞めることしか頭になかったのに、待ってもらえるなんて少し嬉しいです。
結局は辞めることになるかもしれないけれど、これまでの働き方が間違ってなかったんだってちょっと自信になりました。

これで私はどういう結果になっても自信を持って決断できそうです。

これも今回初めて気づけたこと。


肝心の体調の方は快方に向かっていたのに、こないだの診察では新たな内出血が見つかり、2週間の安静に逆戻りしてしまいました。
じっと寝ているのも結構キツイです。
腰の痛みが半端なくて一生懸命クッション当てて痛さをしのいでます。
安定期まであと2カ月!
長い~~~!!

*仕事*

(マタニティ記事です)











安静生活も一週間を超えました。仕事も休んで家でゴロゴロしてます。

先週末から少しずつ活動をし始めたのですが、昨日と今日2日連続で軽い出血がありました。前回とは比べものにならない程の量ですが、本来ないはずのものだしやっぱり不安になります。

そうなると考えなきゃいけないのが仕事。私は年間の時間数が決められた仕事を数件掛け持ちしているので、休んだ分の振り替えが必要になります。だから今後のことを考えると安心して休んでられないんです。

先週末は随分体調も回復してきていたので、今週末あたりから復帰できるかなという感じでした。

でも今回の出血…。
やっぱり一旦辞めるべきじゃないかと思い始めています。
多分職場にはかなりの迷惑をかけることになるだろうし、生活も苦しくなるだろうし、これまで私の一部だった仕事から離れることにも不安があります。


でも、この命を守れるのは私しかいないと思うと今が決断の時かなという気がするんです。


仕事はいつだってできる。
でもお腹にいる子どもの母親になれるチャンスは今しかない。

仕事か子どもか。
こんな分かりきった答えを出すのに迷ってしまった自分が情けないです。


明日は診察日。
お腹の赤ちゃんの元気な姿を確認したら母として、行動したいと思います。

*回復*

(マタニティ記事です)
















昨日の診察で出血は一応おさまったことが確認され、お腹の赤ちゃん(と言うにはまだまだ小さい存在ですが)も元気だということが分かったので家での安静状態が一部解除となりました。
軽めの家事から始めてOKとの事です。

でも、調子いいからといって張り切りすぎると今回の二の舞になっちゃうので油断禁物。
夫にも「動き回らないように!」ときつく注意されました。

先週末からずっと寝てばかりの生活だったので身体を起こすだけで軽いめまいがします。
起立性なんとかってやつでしょうか。

この一週間、不安ばかりの日々でしたが新しい発見もありました。

まずはやっぱり夫。
こんなに頼りになるとは思わなかった。
いつもぐうたらしてて、ゴロゴロするの大好きって人が毎日早く帰って来てくれてご飯の準備をしてくれて。
なるべく身体にいいものをって探してきてくれました。
私が動けなくても文句1つ言わず、たまには出勤を遅らせて病院に連れて行ってくれたり。
私が逆の立場だったらこんなに出来るかな?ってくらい頑張ってくれました。
これからもきっとお世話になるし、迷惑も掛けるだろうから毎日感謝して、そしてこの感謝をずっと忘れないように過ごしたいと思います。

次に母。
自分も病気なのに、私が具合悪いことで使命感を感じたのか(?)何だかいつもよりもシャッキリしています。
元々看護師で、小さい頃から具合が悪くてもそれほど心配してもらえず、少々のケガや病気なら「そんなの軽い軽い」と取り合ってもらえませんでした。
風邪なんて病気と認めてもらえず、マスク2重にして学校行きなさいというタイプ。
で、私も身体が丈夫だったもんだからそうしているうちに治ってました。

それが今回は「とにかく安静に。何かあったらすぐに行くから」と。
そんなに大変なことなの?と私のほうが不安になっちゃうくらい。
でもやっぱりそうやって気に留めてくれることが嬉しかったり。
昨日届いた荷物には、すぐに食べられる簡単食材がたくさん詰まっていて、母ってありがたいなって思いました。

そうやってみんなに守られて育てる命。
まだまだ具合の悪さでしか感じることが出来ないのが残念ですが、たくさんの愛に見守られながら生まれてくる幸せな命です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。