*まじめな話を少しだけ②*

書きたいことは山ほどあるけれど、何を書いても私の気持ちとは少し違う気がするし、うまく書ける自信もない。

というわけで今思うことを書いてみます。


地震発生から、私は具体的なことは何もしていないにもかかわらず、申し訳ない気持ちや後ろめたい気持ちや何かしなきゃとせきたてられる感じで一杯でした。


そういう気持ちをずっと抱えているうちに、何もやる気が出ないという悪循環に陥りそうになりました。


サバイバーズギルト。


聞いたことはあったけど、まさか自分がそんな気持ちを抱いてしまうとは。


いや、そんなはっきりしたものじゃありません。

何も出来ない自分にがっかりしていただけなのかも。


だからといってこんなことを誰かに話す機会もないし、モヤモヤした気持ちばかりが大きくなっていきました。


そんな中、先日年度始めの研修会に参加してきたんです。

そこで挨拶にあった言葉。


「我々がしなければいけないことは、何も現地にすぐさま飛んで行くことではない。遠い被災地から避難して来られる人がたくさんいる。その人たちをこの土地でどう支えていくか、どう一緒に生きていくか。そこをサポートすることこそ我々が力を発揮しなければいいけないことじゃないか」


この言葉に救われました。


そうか。

私は何も出来ないわけじゃない。


今すぐ出来ることは少ないかもしれないけれど、これから長い目で人が癒されていくために出来ることは山ほどある。


そう考えると自分に力が戻ってくるのが分かりました。


ああこれで私はこれからもやりがいと自信を持って仕事を続けていくことが出来る。


もちろん非力な自分をきちんと見つめた上で、社会の一員として力を尽くしていきたい。

今はそんな気持ちです。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。