*無神経な言葉に落ち込む*

モヤモヤ脱出も束の間、とっても傷つく言葉に出会った。



「どんな仕事をしていても、こどもを産み育てたことのないお前には人のいたみや苦労は分からない」



これを聞いた時の衝撃といったら・・・。

そんなこと分かってます。

私には、親の気持ちを想像することはできても実感することは出来ない。

それでもこれまで一生懸命想像力を働かせてきた。

それを、全否定。


でも。

と言ったら全ていいわけや負け惜しみに聞こえるかもしれないけど。

30過ぎてひとりで働き、将来の不安を抱えながら過ごす日々がどれだけ不安だったか、その気持ちはわかっているのか?と言いたかった。

それを誰にも言わずに過ごす日々が、どれだけ孤独か。


もちろんひとりの自由さはたくさんあった。

何より自分が選んだことだったし、それを後悔するつもりもない。

でも、あの頃あんなに悩んだことすら否定された気がして、ただただつらかった。


議論しても仕方ないし、それをわかってほしいとも思わなかったので言いたいことは全部飲み込んだけど、飲み込んだとたんに涙が出た。


世の中にはまだ、結婚して半人前、こどもを産んで一人前という価値観がある。

もしかして、そんなくだらないものに縛られているのは私自身なのかもしれない。


でも、人の気持ちを理解しようとすることと、こどもを産むことは違う気がする。

じゃあこのままだと私は人の気持ちなんて何にもわかんない冷たい人間になってしまうっていうことだ。

そんなことは断固ないと信じたい。



こんな言葉にいちいち傷ついていたってしょうがない。

そう思ってもふと思い出してはボディーブローのような地味なダメージを与えてくる。


そのたびに気を取り直して生活する。

そして、絶対に私はこんな言葉を誰かに浴びせたりしないと誓う。


それを勉強した、と思おう。

幸い、この悔しさや悲しさを共有できる夫が私の傍にいてくれる。



でも。


何より悲しいのは、そんなひどい言葉を発したのが、赤の他人ではなく、私の父だったということなのです。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。