*北欧風?のれんで目隠し*

最近暑くなってきて窓を開けることが多くなりました。
爽やかな風が入ってくるのはいいのですが、わが家は古~い賃貸マンション。
空気が動くとそれに合わせて家中のドアがガタガタと音を立てます。

というわけで必然的に部屋の仕切りのドアを開けて過ごすのですが、ひとつ問題が。
我が家、ダイニングのドアを開けると玄関から家中が一目で見渡せる構造なんです。


衝撃の手描き!!
 
廊下がびっくりするくらい短くて(1歩半くらい)矢印部分を開けるとすぐに玄関。
玄関が見えるとどうも落ち着いて過ごすことが出来ません。

というわけでのれんをつけて目隠しをすることにしました。


300円ショップで2枚購入。すると丁度のれんのように使えるというものです。
北欧っぽい?と思って買ったのですが、我が家には微妙な北欧っぽさを吹き飛ばすほどの強烈な昭和っぽさがありました・・・。

もうひとつ問題はこののれん、柄の見えている方ははまだいいのですが、反対側は完全に「裏」なんです。だから玄関から見るとあれれ~って感じ。

去年使っていたストリングカーテンの方が見た目はよいです。
でも通るたびに紐が絡まってストレスだったから外しちゃったんですよね~。

レースな感じののれんがいいのかなぁ。
まだまだ試行錯誤が必要です。


にほんブログ村 


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。