*絵本*

午前中にお散歩に出かけ、おっぱいをすませた娘、爆睡中です。
とはいってもお布団で寝るなんてことはほとんどなく、お昼寝はもっぱら抱っこ紐の中。
少しでも降ろそうもんなら火がついたように泣いて抵抗するので最初から諦めて抱っこのまま午後を過ごします。

これが普通になりつつ私と娘のスタイルですが、先日市で開催された離乳食教室に行ってびっくり!
床にごろんと横になってすやすや眠る赤ちゃんも結構いるじゃないですか。
赤ちゃんってこんなに眠るもんなの~??と軽く衝撃を受けたのでした・・・。
しかもゴロンゴロンと寝返りをうつ子も多くて。
うちの娘、全く寝返りの気配すら見せません。
足を持ち上げてちょっと手伝ってやると出来るんですけど、自分でしようなんて思いはさらさらない様子。
ま、寝返りするようになるとますます目が離せないって言うし、気長に見守ることにします。

ちなみに娘より1ヶ月上の赤ちゃんが既にハイハイしていました。
これにはほんとにびっくり。
成長のスピードってそれぞれですね~。

さてさて。
娘が生まれたときから、おもちゃはともかくとして本はいっぱい買ってやろうという意見で一致していた私と夫。早速色々と読み聞かせています。
割と早い段階で興味を示してくれて最近は自分でページをめくろうとする仕草も。
反応も出てきて読み聞かせが楽しい時間になってきました。

お気に入りの絵本をご紹介。
まず一番反応がいいのがこちら。

色んな動物が「ぴょーん」とジャンプするだけの本ですが、これがかなりのつぼに入ったようで、大爆笑です。
この本、知り合いの保育士さんから薦められたのですが、さすがプロが薦めるだけあってかなり食いつきがいいです。
幼児向けの絵本として必ず紹介されているのも頷ける一冊。

そして次は、

こちらも有名な一冊。
ひたすらいないいないばあの連続ですが、「いないいない」で溜めて、「ばあ」と言うと笑うようになりました。
こういう単純な繰り返しが赤ちゃんのツボを刺激するようです。
何十年も読み続けられているのも納得ですね。

そして知り合いから勧められた

配色がはっきりしていて分かりやすいのがいいみたい。
ちょっぴりシュールな内容ですが、絵に惹きつけられて食い入るように眺めています。

それからこれはちょっと早かったのが、

ノンタンシリーズ。
この「ほわ ほわ ほわわ」は私が小さいころに大好きだった一冊。
ガムで空を飛べると本気で信じてました。
もう少ししたら興味を示してくれるかな。

そして出番を待って待機しているのがファランドールのえほん3セット45冊。
これは現在は販売されていないみたい。
私が子どもの頃両親がローンで買ってくれた絵本セットです。
大好きな絵本で毎晩一冊ずつ読んでもらうのが楽しみでした。
「私が大きくなったらこどもに読み聞かせるから絶対とっておいてね」と言っていたらしく、母親が先日の帰省の時に渡してくれました。
随分古くなっていたけど(30年以上前のものですからね~)当時のまま保管されていてとっても懐かしい気分になりました。
これを読み聞かせられるのはもうちょっと先になるけど楽しみ。

近くに新しく図書館も出来たし、本好きな子に育てようプロジェクトは着々と進行中です。


   
こんな本たちもいずれは読ませたいな。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。